一泊ハイクも進級もばっちり!

3月10日に、長良西公民館で、一泊ハイクに向けての準備&今年度の進級の総まとめ集会を行いました。一泊ハイクに向けて、スカウトペースと計測の訓育ゲームを実施。本来2km15分のペースで歩きますが、今回のハイクは大きな荷物を背負っていることを想定し、2km20分のペースをつかみました。まずは、100m1分のペースを全員で体感。その後、2kmの道のりをより20分に近い時間でゴールした班の勝ちというゲームをしました。優勝はガールズ班、記録はなんと20分1秒!すばらしい体内時計!2位も20分6秒、3位も20分37秒の好記録。スカウトペースばっちりです。計測も精度よく全班誤差5%以内!その後の進級もとても積極的でした。今回は、2級スカウト1名、1級スカウト3名が進級。近々2級、菊スカウトが誕生目前。来年度に、大きく勢いの付く集会となりました。午後からは、班集会で一泊ハイクの読図をしました。今回のコースは・・・次回の集会でどんな答えが出てくるのか、楽しみにしています。

一泊ハイクに備えて

一泊ハイクに向けて、大型リュックをもってハイクに行きました。今回のコースは各務原アルプスの東の山々。愛宕山、双子山、八木山の山頂を巡りました。岩場あり、絶景スポットありの変化の富んだコースにスカウトも大満足。また、地図の見方、コンパスの使い方、無線機の使い方を確認したり、ロープワークや手旗信号を受信したりして、本格的なスカウティングを満喫しました。一泊ハイクが楽しみになってきました。

大自然の中でスケートを満喫!

2月10日に、岐阜県クリスタールパーク恵那にスケート訓育にでかけました。

屋外リンクに最適な快晴で程よく寒いという好天にも恵まれました。

スキーと違いあまり慣れていないスポーツのため、リンクに揚がってもおっかなびっくり。でも、おそるおそる滑り始めましたと思っていると、あっという間に攻めの滑りに。

リンクに来ていた達人レベルの方々にも声をかけていただいたり、教えていただいたりして、スケートがとても上達しました。自然の気持ちよさ、人の温かさ、スケートの楽しさを満喫した活動になりました。

オーバーナイトハイク完歩!

1月12日の夜から13日の早朝にかけて、夜通しで歩くオーバーナイトハイクを実施しました。

冬の星座が光り輝く満天の星空のもと、8団のスカウトたちは元気に愉快に歩きました。全行程約20キロの道のりでしたが、スカウトの歩くペースは速く、体力とチームワークの向上が感じられました。なかなかのハイスピードでした。さずがです。月の輪のメンバーも夜中の12時まで一部参加しました。もっと歩きたそうな顔でしたね。来年は一緒に歩きましょう。

子どもだけで徹夜で20キロ歩くなんて経験、なかなかできませんよ。また一つたくましくなりましたね。今年の活躍も楽しみです。

天皇誕生日旗揚げ&2018しめくくり野外料理

年の瀬に 揚げる日の丸 弥栄と

権現山に揚がった日の丸はご覧になりましたか?今回の旗揚げは特別。平成天皇誕生日最後の旗揚げでした。そのことに気付いたスカウトたちは「なんか、すげー」と特別感と誉を感じながら国旗を掲揚しました。曇り空でしたが、優しい風に吹かれて美しくたなびいていました。

下山後は、指令書にしたがって、ふれあいの森キャンプ場に移動。班で考えた野外料理を楽しみました。限られた時間と道具で、最大限おいしい料理を楽しむにはどうするか、考えた料理の味はいかに。見た目は、とてもおいしいそうでした。

2018年岐阜8団発足55年イヤーはいかがでしたか?2019年は、どんなスカウトを目指しますか?みんなで楽しい活動を創り出しましょう。

岐阜第8団 八仁会

今年も岐阜8団のOB会でもある「八仁会」が、すぎ山旅館で開かれました。遠方で活躍されているOBの皆さんも集まっていただき、岐阜8団の創始から尽力された先輩方に感謝しつつ、懐かしい話に花を咲かせました。今年は特に発団55周年の年でもあり、参加者の皆さんに記念誌への寄稿もいただきました。みんなでギターに合わせて連盟歌を歌ったり、360度カメラで撮影したり、誕生日のスカウト?に弥栄を贈ったり、皆さんスカウトの顔になって会を楽しみました。岐阜8団のつながりに奇跡的な絆を感じ、改めてこのつながりを今後も大切にしていきたいと感じた会でした。

今後の岐阜8団の発展と皆様の活躍に弥栄