オーバーナイトハイク完歩!

1月12日の夜から13日の早朝にかけて、夜通しで歩くオーバーナイトハイクを実施しました。

冬の星座が光り輝く満天の星空のもと、8団のスカウトたちは元気に愉快に歩きました。全行程約20キロの道のりでしたが、スカウトの歩くペースは速く、体力とチームワークの向上が感じられました。なかなかのハイスピードでした。さずがです。月の輪のメンバーも夜中の12時まで一部参加しました。もっと歩きたそうな顔でしたね。来年は一緒に歩きましょう。

子どもだけで徹夜で20キロ歩くなんて経験、なかなかできませんよ。また一つたくましくなりましたね。今年の活躍も楽しみです。

H31年(2019)の始まり

岐阜第八団のH31年最初の活動は、金華山へ初日の出を見にいきました。

雲ひとつない空から昇ってくる、

真っ赤できれいな太陽を見ることができました。

下山後は団委員の方に用意してもらった豚汁をおいしくいただきました。

その後は、カブ隊、ボーイ隊ともに手旗訓育をおこない、最後に団全体で

1月1日のセレモニーを実施して終わりました。

今年も各隊楽しく、スカウトらしい活動をたくさんしていきましょう!!

天皇誕生日旗揚げ&2018しめくくり野外料理

年の瀬に 揚げる日の丸 弥栄と

権現山に揚がった日の丸はご覧になりましたか?今回の旗揚げは特別。平成天皇誕生日最後の旗揚げでした。そのことに気付いたスカウトたちは「なんか、すげー」と特別感と誉を感じながら国旗を掲揚しました。曇り空でしたが、優しい風に吹かれて美しくたなびいていました。

下山後は、指令書にしたがって、ふれあいの森キャンプ場に移動。班で考えた野外料理を楽しみました。限られた時間と道具で、最大限おいしい料理を楽しむにはどうするか、考えた料理の味はいかに。見た目は、とてもおいしいそうでした。

2018年岐阜8団発足55年イヤーはいかがでしたか?2019年は、どんなスカウトを目指しますか?みんなで楽しい活動を創り出しましょう。

ウィンターキャンプ

今年のウィンターキャンプは、全員での自転車移動からスタートしました。
家が離れているスカウトが途中合流しながら、上班のサポートを受けて全員無事ファミリーパークに到着。
すぐに協力して設営に取りかかり、A型テント3張を建てると、グリンバー以外はカブ隊へデンコーチへ、グリンバーは翌日のフェスティバルの料理である蕎麦打ちの練習をしました。カブ隊の料理もグリンバーの蕎麦も、おいしく出来ました。

夕食後は、カブ隊のファイアに全員で参加しました。
先週行われたGSTに参加したスカウトは、他の団のスカウトから仕入れてきた面白い出し物で皆を楽しませていました。

ファイア後は、班長会議で明日の予定を確認してからは班の時間となりました。
フクロウ班は班長のアイデアでポップコーン作りを、バッファロー班は写真ハイクのまとめをパワーアップさせていました。
さて、投票の結果は…?

8団 スカウトフェスティバル

本日12/2(日)に、岐阜ファミリーパークキャンプ場で

毎年恒例のビーバー~ローバーまでの全隊と指導者、保護者が集まっての、8団スカウトフェスティバルをおこないました。

今年のテーマは「一足はやいお正月」ということで、昼は各隊お正月にちなんだ料理を作りました。

午後はお正月のあそびと題してローバー隊が考えてくれた遊びを、ゲーム形式でみんなで楽しみました。

来年も8団にとって良い年でありますように!!

ゴールデン・スカウト・トレーニング

11月23日~25日の二泊三日で、岐阜県連盟主催でおこなわれた

ゴールデンスカウトトレーニングに8団・2名、12団・2名の

スカウトが参加してきました。

県内より集まった22人のスカウトと共に活動をおこないました。

スキルはもちろん、精神的にもひとまわりふたまわりも大きくなれたことでしょう。

きっとこれから自信をもって活動してくれることを期待したいと思います。