ボーイスカウト岐阜8団のWebページへようこそ(^o^)v

注目

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、
<ボーイスカウト岐阜8団 鈴木 豊 e- Mail:y_suzuki@gifu8-family.com>
の責任のもとに掲載しています。お問い合わせ等は上部メニューの「お問い合わせ」よりお願いします。

新年もよろしくお願いします

今年の年納めでサンセット登山を計画していましたが、思わぬ大雪に。それならばと、年納め雪中登山を慣行。だんだんと雪化粧で白くなる街を眼下に、ほとんど誰もいない岐阜城へ。真っ白の天守閣に迎えられ「登ってよかった」との思いでいっぱいに。感謝と決意の弥栄を岐阜の街に捧げ、ささっと下山。いろいろあった1年でしたが、スカウト活動が続けられる日常に感謝です。新しい年も、自分を高め、人を支えられるスカウト活動ができますように。

寒さに負けずミニ一泊ハイク

毎年春に行っている一泊ハイクが今年はコロナ禍のため実施できず。このままでは、気持ちよく年を越せない、との思いもありミニ一泊ハイクを実施しました。先日の残雪が残る厳しい寒さでしたが、仲間と笑顔で歩き切りました。さすがに夜は冷え込みましたが暖を取る工夫を施し、満天の星空の下、スカウトたちの楽しげな笑い声が響くキャンプでした。新年にはオーバーナイトハイクも控えています。心身ともに鍛えられ、一層強くたくましくなっていくスカウトたちに期待も膨らみます。

ビーバー・カブロープワーク集会&ボーイ隊グリンバー訓育

ビーバー隊・カブ隊がロープワークに挑戦。ビーバースカウトは、身の回りで役立つ結び方を覚えて、たくさん結び目をつくりました。上手に結べた時の笑顔が最高でした。

カブ隊は、カブブックの課題にある結び方を中心に、数種類の結び方にチャレンジ。難しい結び方は、ボーイ隊のデンコーチが、優しく丁寧に教えてくれました。覚えた後のロープワークリレーは白熱し、早速覚えた結び方が役立ちました。

ボーイ隊のグリンバーは、読図のマスターに真剣に取り組みました。グリンバーには、次回のミニ一泊ハイク、1月のオーバーナイトハイクで、地図を読みながら班員を無事ゴールまで導く責務があります。ここでつけた力は、3月の一泊ハイクでもぜひ発揮してほしいです。ロープワークも読図も、スカウティングはもちろん生活でもきっとスカウトたちの助けになることでしょう。

スポGOMI甲子園全国大会

スポGOMI甲子園全国大会が、スカイツリーの下で行われました。

様々な高校の部活チームばかりの中、唯一の高校を超えたチームでした。

開会式では、全団体を代表し、選手宣誓をしました。
堂々と宣誓をしていました。

今大会から、トング以外のオリジナルのごみゴミ拾い道具を持ち込んでもOKというルールになったため、岐阜県大会では自作の背負子と電卓とラジオで作った金属探知機を使ってゴミ拾いをしていました。
しかし、墨田の町には大きなゴミがなさそうということで、金属探知機のみを持ってのゴミ拾いをしました。

スタートした直後は、墨田の町は想定していたよりもゴミが少なく「なかなかゴミが集まらないのでは?」という呟きもありました。
しかしよく見ると、隠されたところにゴミがたくさんのゴミがあることに気が付き、ごみ拾いの最中には「パッと見は綺麗に見えるけど、意外と汚い。」「ゴミは見えるところには捨てないよね。みんな隠すんだね。」などと、話していました。

ゴミの量や質での入賞はできませんでしたが、自作の金属探知機が評価され「オリジナルアイテム賞」という賞をいただきました。

来年こそは、めざせ!全国1位!

木田小防災キャンプとコラボ

木田小学校の防災キャンプに、岐阜8団のベンチャー隊、ボーイ隊もアシスタント兼参加者としてコラボで活動。ベンチャー隊は、土曜日から参加し校庭で宿泊。テントやリンツ―(自作の簡易テント)で野営。スカウトならではの野営を披露しました。食事も、防災食体験。ビニールでの炊飯、スナック菓子のおかず、牛乳パックホットドックなどで舌鼓。日曜日は、ボーイ隊も参加し、手旗やロープワーク、簡易スリッパ、簡易担架、ろうそくへの点火など、楽しくていざという時に防災に役立つスカウト技能体験をアシスト。木田小の子供たちが、難しいロープ回しをどんどんマスターしていく姿に、教えていたスカウトも驚きと喜びを感じていました。活動を通して木田小の子もスカウトも笑顔で関わり合いながら活動できました。誰とでもすぐに打ち解け合い、場を楽しく過ごせる「スカウトは友情に厚い」姿でした。地域の子供たちと関わり合い、ボーイスカウトが貢献できていることに喜びを感じます。