ボーイスカウト岐阜8団のWebページへようこそ(^o^)v

注目

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、
<ボーイスカウト岐阜8団 鈴木 豊 e- Mail:y_suzuki@gifu8-family.com>
の責任のもとに掲載しています。お問い合わせ等は上部メニューの「お問い合わせ」よりお願いします。

BS夏季野営2021

久しぶりの長期野営。プレサマーキャンプを生かし、多少の変更を施して計画を実行しました。よりコロナ感染症予防対策を徹底し、岐阜暑さ40℃の記録、3つの台風などなど、心配も想定内。備えよ常にで慣行。備えある勇敢なスカウトたちに天気も味方。すべてのプログラムを完遂することができました。

1日目。設営。個人テント用のフライ。キッチンフライに、A型テント。快適で、健康で安全な生活のために、個人テントを使ってディスタンスをとったサイトレイアウト。さらに、竹と麻ひもを使った立ちかまども制作。たくさんの設営物がありましたが、必要なものはすべて1日目に作りました。やるなぁ。

2日目。班タイムで工作物作成の1日。各班のアイデアと技能を駆使した工作物が作られていきます。角縛りに、三脚縛り。やることでどんどんスキルも身に付き。アイデアも広がります。なにができるか楽しみ。

3日目。里山公園で自然体験。ハーネスを装備した高所の空中散歩。普段経験できないことをみんなで体験できるのも、長期野営の醍醐味です。夜はベンチャー隊が進める大営火で楽しいひと時。

最終日。撤営。今まで使った愛着あるサイトと工作物を撤収します。早く片付けたい思いはあっても、体が動かない。そんな中でも自力でやり切りました。苦労した分だけ成長も大きい。

うだる暑さも、突然の強風・大雨も経験でき、最後は笑顔で締めくくった充実の夏季野営でした。この野営はスカウトの頑張りはもちろん、隊を超えての8団リーダー皆さんの支援、保護者の皆様のご協力あっての成功です。本当にありがとうございました。今後も、「ぎふ8ファミリー」みんなの力で、よい活動を進めていきたいと思います。

プレサマーキャンプ

夏のサマーキャンプを控え、「一度自分たちでどこまでできるか挑戦してみよう」ということで、プレサマーキャンプを行いました。

自転車で移動してみよう、テントサイトに必要なテントフライを設営してみよう、ソロテントで宿泊してみよう、かまどを作り薪でご飯を炊いてみよう、班だけの楽しい時間を過ごしてみよう…

試してみてうまくいったこと、ちょっと大変だったこと、予想以上に楽しかったこと、準備や検討が必要なことなどなど、やってみたことで分かったことがたくさんありました。まさに「成すことによって学ぶ」スカウティング。

ボンファイヤーで、「こんなサマーキャンプにしたい」という思いを、みんなの前で一人一人が語りました。ぜひ、その思いが実現できるように、一人一人が考え行動し、リーダーも一緒になって、準備を進めていきたいです。

サマーデイキャンプ(2日目)

2日目はハイクと大営火を行いました。

キャンプ場の近くにモネの作品でに似ていると言われる池があったので見に行きました。暑い中でしたが、みんな頑張って歩ききりました。

大営火では、ビーバー隊の子たちを迎え、歌を披露したりゲームで楽しみました。