ボーイスカウト岐阜8団のWebページへようこそ(^o^)v

注目

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、
<ボーイスカウト岐阜8団 鈴木 豊 e- Mail:y_suzuki@gifu8-family.com>
の責任のもとに掲載しています。お問い合わせ等は上部メニューの「お問い合わせ」よりお願いします。

岐阜市の魅力、再発見!

今年の写真ハイクのテーマは「ボーイ隊の楽しさ、岐阜市の魅力を伝えよう」です。

各班で計画を立て、写真ハイクに出かけました。フクロウ班は街の様々な施設・神社仏閣を訪れる「名勝コース」。バッファロー班は、金華山や百々ケ峰方面を探索する「山川コース」。タイガー班は、街のお店や甘味処を訪ねる「スイーツコース」に出かけました。この活動は、健康・環境・観光の視点からSDGsで岐阜市の街を盛り上げることにもつながるものになりました。8団のボーイ隊のスカウトは、ちょっとすごい写真ハイクを計画、実行したんですよ。

時間も場所も、移動手段もすべて自分たちで計画したコースを辿ると、予想外の発見、予定外のハプニングがあったことでしょう。それも、成すことによって学ぶスカウティングの醍醐味です。

今日の写真は、次の集会でプレゼン用にまとめます。そして、12月のスカウトフェスティバルでビーバー・カブその他の隊のスカウトやリーダー、保護者の皆さんに発表します。どんな楽しさや魅力を発信してくれるのか楽しみです。

岐阜大仏
岐阜県美術館かな?
ご存知、金の信長像!

感謝と期待を込めてGBのバトンパス

これまで、班を、隊をリードしてきた中3を中心とするメンバーから、これからのボーイ隊をリードしていく中2、中1のメンバーにグリンバーが引き継がれました。

引き継いだのは道具だけではありません。班をまとめ、楽しく活動していくための思いも引き継ぎました。これまでのGBには感謝です。仲間と関わりと笑顔が多く、出席率も高い隊を作ってくれました。これからのGBには期待です。より団結を強くし、自分たちで活動を創り出せるボーイ隊にしてくれることでしょう。

次回の集会では、GB訓育で、さらにGBとしての気持ちと技能を高めます。この日も早速、11月の集会のテーマとなる写真ハイクの計画を立て始めました。これからのボーイ隊も期待大です。

この日は、北青年会館の館長さんに、地域の指導者としての思いや責務をお話しいただきました。ありがとうございました。

プロジェクト進行中!!

同年代の仲間に

もっとボーイスカウトを知ってもらいたい!

ベンチャースカウトについて知ってもらいたい!

ボーイスカウトの仲間を増やしたい!

という熱い思いから、Instagramでの情報発信プロジェクトが始まりました。

初めてのプロジェクト計画書を仲間と相談しながら書き上げ、無事プロジェクトがスタートしました。

「どんな写真がいいかな」「楽しそうに見えるかな」などと、たくさん悩みながら、投稿をしています。

これから始まっていく様々なプロジェクトについても更新予定です。

https://instagram.com/gifu8_vs?utm_medium=copy_link

フォローと応援をよろしくお願いします!

スカウティングは止まらない!

コロナ感染症予防のため、ボーイスカウトの活動は現在自粛中。楽しみにしていた活動もできませんが、もうしばらく我慢が必要です。

でも、スカウティングは集会がなくてもできます。8団のスカウトたちは、家で、学校で、スカウト精神をもって過ごしています。集会がないなら、今できることとして、各自が進級に取組んでいます。

今日は、この約1カ月に進めた進級にサインをもらったり、今後の課題を確認したりする、進級相談をしました。リーダーが待機する場所に、班ごとに指定された時間に、来れる子だけが参加できるよう、分散式で行いました。

各自で取り組むオリジナルの進級チャレンジシート

家で進級シートをまとめてきた子、練習したことを見せる子、その場でリーダーの出す課題に答える子、学校でやったことをボーイと関連付けてサインをもらう子など、取組み方は様々。無線の考査員のリーダーもいたので、無線通信章の課題をクリアし、見事技能章を獲得したスカウトもいました。スカウトたちの柔軟性や適応力、行動力は素晴らしいです。短い時間でしたが、有意義な時間でした。

無線を使って今後も楽しい活動ができそうです

「この状況だからできない」と何もしないのではなく、「この状況で何ができるか」を考えて活動できるスカウトに快活さと頼もしさを感じます。もうじき自粛期間も終わりそうです。集会ができるようになる日が、待ち遠しいですね。

BS夏季野営2021

久しぶりの長期野営。プレサマーキャンプを生かし、多少の変更を施して計画を実行しました。よりコロナ感染症予防対策を徹底し、岐阜暑さ40℃の記録、3つの台風などなど、心配も想定内。備えよ常にで慣行。備えある勇敢なスカウトたちに天気も味方。すべてのプログラムを完遂することができました。

1日目。設営。個人テント用のフライ。キッチンフライに、A型テント。快適で、健康で安全な生活のために、個人テントを使ってディスタンスをとったサイトレイアウト。さらに、竹と麻ひもを使った立ちかまども制作。たくさんの設営物がありましたが、必要なものはすべて1日目に作りました。やるなぁ。

2日目。班タイムで工作物作成の1日。各班のアイデアと技能を駆使した工作物が作られていきます。角縛りに、三脚縛り。やることでどんどんスキルも身に付き。アイデアも広がります。なにができるか楽しみ。

3日目。里山公園で自然体験。ハーネスを装備した高所の空中散歩。普段経験できないことをみんなで体験できるのも、長期野営の醍醐味です。夜はベンチャー隊が進める大営火で楽しいひと時。

最終日。撤営。今まで使った愛着あるサイトと工作物を撤収します。早く片付けたい思いはあっても、体が動かない。そんな中でも自力でやり切りました。苦労した分だけ成長も大きい。

うだる暑さも、突然の強風・大雨も経験でき、最後は笑顔で締めくくった充実の夏季野営でした。この野営はスカウトの頑張りはもちろん、隊を超えての8団リーダー皆さんの支援、保護者の皆様のご協力あっての成功です。本当にありがとうございました。今後も、「ぎふ8ファミリー」みんなの力で、よい活動を進めていきたいと思います。