いかだでGO!

8団恒例、夏の終わりのいかだづくり集会。今年は、各隊工夫を凝らして、自分たちのアイディアでいかだを作りました。ビーバーは、ボート。カブ隊はペットボトルと身の回りの物。ボーイ隊は、キャンプで使った竹とポリタンク。ベンチャー隊は竹のみ。果たしてうまく浮くのか。

まずは、制作。ボーイ隊は夏のサマーキャンプでの角縛りのスキルが存分に生かされました。ベンチャー隊は、あいかわらずの冒険です。ふっとい竹を力強く縛っていきます。

安定しないポリタンクをどう縛るといいのか。太い竹を縛るのに必要な力もハンパありません。

完成。浮くのか、浮かないのか、どっちなんだい?やったー!浮いてます、浮いてます!身の回りにある物だけで、いかだまで作っちゃいました!ボーイスカウトってすごいなぁ~。

今年の夏も充実したスカウティングができました。次は、スカウトの日。9月15日、長良公園でみんなで遊ぼう。近くの子もみんなで集まって遊ぼう。

ボーイ隊サマーキャンプ5日目~最終日

はじめは長いと思っていた5泊6日のサマーキャンプも、残り2日になるとあっという間と感じられました。

5日目は、森のアクティビティーを楽しみました。ロープと滑車を駆使して作った「森のカーリング」ゲームでは、ねらいいをすまして3時のおいしいおやつをゲットしました。また、期間中各班で作った工作物等のコンテストを行いました。テント、タープ、立ちかまど、テーブル、半旗立てのほか、ベッド、はしご、スコップ、食器置き場などなど、工夫いっぱいの工作物が作られました。

夜は、キャンプのまとめの大営火。隊長のギターに合わせて楽しく歌ったり、各班、リーダーの出し物のゲームで、大笑いしたりして、楽しい時間を過ごしました。最後は隊長から「感謝」の大切さの話を聞きながら、各自が静かにキャンプの余韻に浸りました。

6日目は、お世話になった野営地を「来たときよりも美しく」片付けました。感謝の弥栄を送るスカウトの顔には、充実感と安堵の笑顔が浮かんでいました。キャンプを支えてくださったリーダー、ベンチャー、ローバースカウト、保護者の皆様、そして頑張った一人一人のスカウトに感謝感謝のロングサマーキャンプでした。これだけの長期野営をやりきったスカウトの成長は大きいぞ!よくやった!

ボーイ隊サマーキャンプ3日目〜4日目

image1_36.jpeg image2_30.jpeg image3_23.jpeg image4_11.jpeg

3日目はいよいよキャンプ場を飛び出し、敦賀の街を抜けて海岸へ!
海水浴と砂浜でのゲームで盛り上がりました。
ベンチャー・ローバースカウトが立てたタープにも注目です。素晴らしい強度で、強風にびくともせずスカウトたちの日除けになってくれました。
海の後は、敦賀市内の銭湯にみんなで入りました。

4日目はキャンプ場の裏にそびえる野坂岳登山に出かけました。出発時間は朝4時半!ライトを点けて出発です。
朝8時、無事全員が登頂し、山頂広場で朝食を摂り朝のセレモニーを行いました。敦賀市街と敦賀の海を背景に記念撮影!最高のコンディションとみんなの達成感で、キャンプの疲れも吹っ飛びました。

 

ベンチャー隊 長距離サイクリング

ボーイ隊のサマーキャンプに参加するベンチャースカウトはキャンプ場のある福井県敦賀市まで、ベンチャー隊長とともに自転車で行きました。片道約90キロの長い道のりで、行きは真夏の強い日差しの中、岐阜県、滋賀県、福井県のそれぞれの県境の二つの峠道を頑張って乗り越え、キャンプ場に無事に到着しました。そして5泊6日のサマーキャンプの最終日に、岐阜に向かって自転車で出発。帰りは行きとは別のルートに変更し、少々遠回りしてでもなるべく坂道の少ない道を選びましたが、その日は不安定な天候で、強い向かい風が続いてなかなか自転車が進まなかったり、大雨に遭遇して身体がびしょびしょに濡れてしまったりと大変でしたが、予定到着時刻に一時間以上遅れながらも、無事に岐阜に帰還することができました。総距離約180km完走。よく頑張りました!

スポGOMI甲子園岐阜県大会

長良川公園で行われた高校生対象のゴミ拾い競技「スポGOMI甲子園岐阜県大会」にベンチャー3人が参加しました。この日の前日に同じ場所でゴミ拾いの清掃活動があったので、ほとんどゴミが落ちてない状態です。隠れたゴミをいかに探し出すかが勝負のカギだったと思います。さて、結果はどうなったのでしょうか?彼らが報告書を提出するのが楽しみです。