一泊ハイク 約40km完歩!

3月30日、31日に岐阜8団ボーイ隊恒例の一泊ハイクを行いました。今回は、奥揖斐の横山ダムを出発、揖斐川沿いに下り、本巣まで帰るコースでした。この活動から、上進したスカウトを加え、19名で出発しました。1日目は荒天に恵まれ?雨の中の進行となりましたが、ここはたくましい8団のスカウト。雨など気にも留めず、笑顔で進みました。1日目の野営地に到着後も、楽しく食事を作り、あっという間に「すきやき風鍋」を平らげました。ボンファイヤーもタレントぞろい!爆笑の出し物が続きました。2日目は快晴!とおもいきや突然の雨!と思ったら、空には美しい虹!目まぐるしく変わる天気に振り回されながらも、一歩一歩着実に進みました。最終班がゴールしたのは予定より2時間遅れ。それでも、全員の仲間の帰りを温かく待ち、全員が歩き切れたことを喜び合いました。前の日から自転車で乗り入れて付いて回ってくれたベンチャー隊の支えも大きな励ましになりました。感謝。苦しくても自分の足で最後まで歩き切れたことが何よりの財産です。今後、大きな自信になるでしょう。また、苦しくても一緒に歩く仲間がいたからやり切れたことも忘れてはいけません。記憶に深く残る一泊ハイクになりましたね。ご協力、応援いただいた、保護者の皆様、リーダーの皆さん、ありがとうございました。

岐阜第8団 八仁会

今年も岐阜8団のOB会でもある「八仁会」が、すぎ山旅館で開かれました。遠方で活躍されているOBの皆さんも集まっていただき、岐阜8団の創始から尽力された先輩方に感謝しつつ、懐かしい話に花を咲かせました。今年は特に発団55周年の年でもあり、参加者の皆さんに記念誌への寄稿もいただきました。みんなでギターに合わせて連盟歌を歌ったり、360度カメラで撮影したり、誕生日のスカウト?に弥栄を贈ったり、皆さんスカウトの顔になって会を楽しみました。岐阜8団のつながりに奇跡的な絆を感じ、改めてこのつながりを今後も大切にしていきたいと感じた会でした。

今後の岐阜8団の発展と皆様の活躍に弥栄