サマーキャンプに向かって!

22日、23日とカブ隊はサマーキャンプに向けての練習キャンプをしました。

天候が心配されましたが、日ごろの行いもよく(?)天の神様が味方してくれました!梅雨の中休みでキャンプ中一滴も降らずに楽しいキャンプになりました。

1日目はテントを立て、カレーを作って、キャンプファイヤーをして。2日目はカートンドッグをほおばり、お昼のお弁当を自分たちで作って(!)、それを持って山登りに出かけました。

ちょっと疲れたけど、充実したキャンプになりました。山頂では長者平の少将渕の主からの手紙をもらったので、 サマーキャンプでは主に会ってきたいと思います!

サマーキャンプに向けスカウトスキルアップ

6月22日、23日と、サマーキャンプに向けたトレーニングキャンプを行いました。今回のテーマは、テント、タープ、立ちかまど(竹を組み合わせて作るキッチン台(かまど))のクオリティ。果たして5泊6日に耐えられるサイトができるのかどうか。出来栄えはどうあれ、まずは、自分たちで作った立ちかまどでご飯を作ったでけで、なんだかうれしい。なんだか、無人島でも生活できそうな気がします。夜は、ファイヤーの代わりに、飛び交うファイヤーフライに大感動!サマーキャンプまで、まだ1カ月半あります。今日やったこと、ロープワークなど、家や班でも練習して本番に備えましょう。

テント設営とカレー作り in 木田小

今日は朝から雨が降っていましたが、元気に活動しました。テントを立てる練習とカレー作りです。雨に負けないたくましいカブスカウトでした。

次回行うキャンプに向けて、組でテントを立ててみました。リーダーやデンコーチから立てるときに気をつけることを聞きながら立てました。キャンプではきっと上手に自分たちでできると思います!

カレーもとても美味しくできました。夏野菜のカレーだったり、トッピングにチーズやソーセージを使ったり、組で工夫して作りました。

キャンプが楽しみになる集会でした!

県連総会でも、岐阜8団が活躍

6月2日にボーイスカウト岐阜県連盟県連総会が、ぎふメディアコスモスで開催されました。ボーイスカウトを支える県連の指導者、各隊の指導者、他県の関係者など、大変多くの参加者で盛会となりました。8団からは、長きにわたりスカウト活動を支え奉仕いただいた皆さん、継続的にリーダーで奉仕していただいている皆さん、日ごろのスカウティングで技能を磨いたスカウトたちが表彰されました。感謝とお祝いの気持ちでいっぱいです。また、総会の開会式で旗手やおきての宣誓を務めたのも8団のベンチャー隊のスカウトです。さらに、岐阜第8団は、3年間多くのスカウトや指導者で充実した活動を継続している団としてAランクを受賞しました。皆さん、一人一人の活躍の成果です。来賓の方のお話の中に「これからの世の中を生きていく上で必要な非認知的能力(がんばる力、我慢する力、人と仲よくする力など)を育むのに、ボーイスカウトはうってつけの活動だ。」という言葉がありました。日頃は、仲間と集まってワイワイ活動するのが楽しいから続けているボーイスカウトですが、改めて「いい活動をしているんだな」と気付かされた県連総会でした。これからスカウトシーズン本番です。皆さん、ボーイスカウトを楽しみましょう。