「楽しみながら自分で行動する力をつけるキャンプ」に向けて

「今年のサマーキャンプは、GBが計画を立てます。」

この一言に、楽しみと喜びと期待と緊張の混じった表情がマスク越しに見えた気がしました。班員からは「頼むよ!」という無言の期待が寄せられていました。ボーイ隊の期待に応えるためにも、自分たちが楽しむためにも会議は真剣に進みます。「楽しいキャンプにしたい」「でも、楽しいだけじゃなぁ」「コロナも乗り越えないと」なかなか頼もしい意見が飛び交います。

プログラム計画では、これまでの経験を活かしながらも、これまでにない経験もしたい。快適なキャンプもしたい。班の仲間とゆっくり時間も過ごしたい。自分たちがやりたい楽しいこともしたい。地図を広げ、野営地の周りに何があるかリーダーに尋ねます。行けるところ、できることが広がると、やりたいことも増えて迷います。献立表も、同じような嬉しい悩みが広がります。特におやつのメニュー選びには力が入ります。

GB会議の横では、班員たちがカブ隊のデンコーチとして、頼もしさを発揮しています。「これは、一人では持てないから、誰か手伝ってあげないと!」「支柱はカチッと音が鳴るまで引っ張って。」「まず、このタープ広げるから、角をちゃんと持ってね。」大きな声で、身振り手振りで、下級生に的確なアドバイスを送ります。肩に着けたデンコーチ綬が誇らしく光って見えます。うーん、この子たち、いつの間にこんなに力を付けたんだ?カブ隊の隊長も「デンコーチがすごくしっかりしていて助かりました。」と大喜び。

タイトルの言葉は、今日のGB会議でGBのメンバーが作ったサマーキャンプの目標です。GBもデンコーチも、今年度の4月から、毎回の活動で積み上げてきた経験が見事に生かされた姿でした。毎回のGB会議でやりたい活動、食べたい献立を考えてきたから、今日の会議では、自分たちだけで計画ができたのです。毎回の活動で、上級生から教えてもらいながら自分でやってきたから、自分だけで下級生に教えられる技能と思いやりの態度が発揮できたのです。知らず知らずのうちに力が付いて、引き継がれているのです。夏本番の活動を迎える準備は整ってきました。その力を存分に発揮して、楽しい夏の活動を創りましょう。

「楽しみながら自分で行動する力をつけるキャンプ」に向けて” への1件のコメント

  1. いよいよサマーキャンプですね。長期キャンプを経験すると、本当に逞しくなります。これぞスカウティングの真骨頂です。創造的な夢のあるキャンプを楽しんでください。差し入れは何がいいかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください